shigerico blog

9月1日に日本を発ち、教育の在り方を探求する旅をしています。日本の教育に還元できるようなヒントを見つけたい!という想いから、北欧を中心に教育現場をまわります。

あのディズニーランドのモデルになった!?デンマークの遊園地、チボリ公園に行ってきた!!

 

 

こんにちは!

今日はデンマークの学校訪問1日目でした。

おとといの午後、突然訪問した私を快く受け入れてくれる学校の柔軟さ、、、本当に感謝です。

またこちらは別記事で書くとして。

 

 

今回は、デンマークの人気な観光スポットでもある遊園地、チボリ公園に行った時のことを書きます!

遊園地って日本とそんなに変わらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、これまたカオスな乗り物がたくさんでした。

 

12時間ほど滞在して、とても楽しむことができました。

では、紹介していきまーす!!

 

 

チボリ公園とは?

 

コペンハーゲン中央駅(日本でいう東京駅や新宿駅のような都心の駅です!)からなんと歩いていくことができます!

私が泊まっていたホステルからも徒歩15分ほどで到着しました。

 

そして、ウォルト・ディズニーチボリ公園のゆったりしながらも楽しめる雰囲気に惹かれ、ディズニーランドを手がける際のモデルにしたそうです!!

 

そんなたくさん夢が詰まった遊園地、入る前からとてもワクワクしていました!

 

 

入場料は120DKK(2000円ちょい)

平日は110DKKと少し安いようです。

きっとたくさん乗るだろうと、乗り物フリーパスも入り口で購入しました。こちらは230DKK(4000円くらい)

合わせて、6000円ほどで1日思いっきり遊ぶことができます!

 

そして驚いたのは、24時まで営業しているということ!(平日は23時)

朝は11時からと少し遅めですが、これだけの時間中にいることができてこの値段はかなりお得に感じました。

 

 

 

チボリ公園、中に入ると、、、

 

f:id:shigerico:20181026000521j:plain

 

訪れたのが10月中旬ということもあり、入口からすっかりハロウィンモード。

 

 

 

さらに中を進んで行くと、、、

 

f:id:shigerico:20181026000526j:plain

 

かぼちゃ

 

 

f:id:shigerico:20181026000528j:plain

 

かぼちゃ!

 

 

f:id:shigerico:20181026000658j:plain

 

 

かぼちゃーーー!!!

 

 

 

一体園内にはいくつあるのでしょう。

1万個は余裕で超えている気がします。視界にかぼちゃが入らないカットがまずありません。

 

 

チボリ公園の営業は基本的に夏期が主で、ハロウィンやクリスマスは限定営業だそうです。なので夏期営業が終わった休みの間に、大量のかぼちゃセットをしているのかと想像してしまいました(笑)

 

f:id:shigerico:20181026165114j:plain

今年は10月12日〜11月4日がハロウィン営業のようです

 

これを思えば、ディズニーランドは1年間休園日を設けずに、シーズンごとに違った楽しみを与えてくれるのだから本当にすごいです。(一体いつ準備をしているのだろう、、、)

 

 

 

チボリ公園のカオスな乗り物

 

f:id:shigerico:20181024052120j:plain

 

園内には乗り物がたくさんあり、

絶叫レベルは、ディズニーランド < ディズニーシー < チボリ公園長島スパーランド といった感じです(笑)

 

並ぶ時間は長くても30分ほど。ほぼ全ての乗り物に乗れたのではないかと思います。

 

 

 

衝撃乗り物 ① 6周するコースター

 

1周目「かわいい乗り物だ〜、いぇ〜い!!」

2週目「短いから2週してくれるんだ!ふぅ〜⤴︎⤴︎」

3週目「すごい!サービスいいなぁ〜」

4週目「おおお!まだ行くのか!!!」

5週目「ええええええええええええ!!!!!????」

6週目「、、、、、(笑)」

 

写真がないのがかなり残念です。でも確かに6周しました。1周は20秒くらいの超ミニコースターです。

 

 

f:id:shigerico:20181026003237j:plain

 

このコースターも3周しました。

チボリ公園の乗り物の特徴は「もういいよ!めっちゃ楽しめたよ!十分だよ!」と思うくらいまで、1回の運行が長いことです。

 

コースが短ければ、もう一周すればいい!という要領です。

 

日本だと、「もう終わりかー、もう1回乗りたい!」と思うことが多いのですが、全ての乗り物でとても満足することができました。

 

また、このコースター、人が真ん中に立って運行しています。かなり危ない、、(笑)

絶叫レベルはビックサンダー・マウンテン(ディズニーランドにあるコースター)くらいですが、今から落ちるよ!のサインを出しながら本人はコースターの真ん中で立って楽しんでいました。

 

きゃー!と叫ぶのではなく、「危ない、危ない!!」と叫んでしまいました(笑)

どこまでもカオスです、、、

 

 

 

衝撃乗り物 ② 自力のフリーフォール

 

f:id:shigerico:20181026004114j:plain

 

その正体がこちら。

自分で登り、自分で離すと落ちる仕組みです。

 

 

これが結構しんどい(笑)

 

手の力をつけるトレーニングをしているかのようでした。子どもには大人気です!

 

ちなみに、私は知らなかったのですが日本のレゴランドにもこの乗り物があるそうなので、気になる方はぜひ挑戦して見てください♩

 

 

 

衝撃乗り物 ③ 高速観覧車

日本の観覧車のイメージでは1周を5分ほどかけてゆっくりまわるイメージですよね。

でもデンマークでは違います。

高速でこれまた何周も回ります!(覚えていません、、)

 

はじめに、

少し回しては入れ替わり、少し回しては入れ替わりと前回乗っていた人とチェンジします。全員が入れ替わると、

 

まわるまわる〜〜

 

 

f:id:shigerico:20181026005024j:plain

 

左に見えているのが観覧車。こちらもバッチリ、ハロウィン仕様です!

 

窓がなく、定員が4人であることから他の人と乗り合わせもする観覧車。

プライベート空間にもならないほど、風を直に受け、どんどん回ります。

 

f:id:shigerico:20181026004949j:plain

 

それほど高さはないですが、夜に乗ったのは大正解!

園内のイルミネーションを見渡すことができました!!

 

 

ちなみに、

 

f:id:shigerico:20181026005233j:plain

 

 

写真を撮ることはできませんが、この空中ブランコからの眺めは本当に最高です!

コペンハーゲンの夜の景色を一望することができました。

ただ、寒すぎた問題があるので、こればかりは夏をお勧めします(笑)

 

 

 

個人的ベストオブ怖い乗り物!

 

それがこちら。

 

f:id:shigerico:20181026005435j:plain

 

飛行機をイメージした乗り物。円を描くように高速で回ります。飛行機部分もさらに回るので自分がどこを向いているのかは分かりません。

 

「もういいって〜〜〜」と叫んでしまうほど何周もぐるぐる振り回され、お腹が潰されるか、呼吸ができなくなるかと思いました。かなり激しかったです。そして、こちらもコペンハーゲンをわりと一望できます。この街は自転車が多いなぁと感じるほどのわずかな余裕はありました(笑)

 

 

 

チボリ公園のショー

 

あたりが暗くなり始めると、1時間おきに噴水ショーが始まります。

全部で5回ほど見るチャンスがあるために、ショーのために何分も前からスタンバイするということはありませんでした。

 

 

f:id:shigerico:20181026164850j:plain

 

 

土曜日にも関わらず、10分前に行っても最前列で見ることができました。

 

音楽 × 光 × 水 の噴水ショーです。

それほど派手ではありませんが、きれいでうっとりしてしまいました。

 

 

ちなみにですが、チボリ公園!!

外との境にはフェンスで仕切られているだけなので、外からでもその気になれば噴水ショーを見ることができます(笑)

 

ディズニーランドでは現実世界を見えないように、夢の世界に来てもらえるようにと設計を工夫しているのに対して、チボリ公園はバリバリ外からも中からもお互いの景色を見ることができました。

 

f:id:shigerico:20181026165102j:plain

チボリ公園の外から撮影した景色



本当に街のど真ん中にあり、アトラクションがきらびやかに輝いています。

 

子どもも、大人も、一日中楽しめるチボリ公園

デンマークに来た際はぜひ足を運んで見てください!(^o^)

 

 

ではでは〜〜!!